三井住友銀行カードローンは、平日だけでなく土日も申し込み当日の最短即日融資も可能です。

必要となる安定した収入

ほとんどのカードローンで申し込みや利用の条件に「安定した収入」を設けており、一定以上の年収などの厳しい内容は無いとしても、収入が安定していないと利用ができない、カードローンでの借り入れができないとしています。

年収の制限がある場合も同様で、前年度の税込み年収がいくら以上で継続する安定した収入を得ている方を対象としており、どのカードローンにしても利用者の安定した収入は必須となります。

一部で自身では収入がないとしても、配偶者の安定収入で借りられカードローンもあります。しかし、配偶者の収入を認めていない金融機関や消費者金融からの借り入れの際には、自身で安定した収入をお持ちでないと申し込みができません。

安定した収入の条件

どのカードローンにしても安定した収入とはどういったものなのかを明記していませんが、一般的に仕事をしており、給与による収入を得ていれば安定した収入として認められる場合が多いです。公務員や正社員などはもちろん、アルバイトやパートの方でも一つの勤務先で毎月の給与所得を得ていれば、安定した収入となります。

また、自営業者も安定収入となります。自営業者が借りる場合には事業を行っていること、収入を得ていることを証明するために提出書類が増えますが、しっかりと事業を行っていることが分かれば安定した収入として認められます。

ここまで見ると収入さえ得ていれば安定した収入になるのではないかと感じる方もいるかもしれませんが、そうとも言えません。例えば日雇いの派遣などで働いている方は、収入が安定しているかと聞かれれば疑問符が付きます。明日に同じ仕事があるとは限らず、スポットの派遣の場合には仕事がしばらく来ないこともあります。

今は派遣先もいくつかあって収入を得ているとしても、今後の収入がどうなるかの不透明さが他の正社員やアルバイトなどに比べると大きくなってしまいます。そのために安定した収入としては弱くなる、認められなくなる場合があるのです。

連絡が付くかどうかも重要

安定した収入としての条件に関連する部分として、返済に何らかの問題があった際に連絡が付くかどうかも重要です。

一つの勤務先で働いているアルバイトやパートの方は、仕事を辞めてしまえばどうにもなりませんが、職場にいる限りは何かあった際に連絡が取りやすいです。しかし、毎日が異なる場所への派遣となるような方は、どこに連絡をすれば本人に繋がるのかが分からないため、貸す側としてはリスクが大きいです。

アルバイトやパートの方はシフト制であれば毎月の給料は上下する可能性がありますが、だからと言って安定した収入として認められないわけではありません。基本的に一つの勤務先で毎月の給与所得があれば安定した収入となる場合が多いので、難しく考える必要はありません。

トップへ戻る